夢を追う人たちの
仕事探しを応援する求人サイト

ブログ
- 面接官の声 | 面接でお見送り判断をした方。内定とお見送りとを分けたポイントを振り返る -

2021年06月15日 [就職ノウハウ]

面接官の声 | 面接でお見送り判断をした方。内定とお見送りとを分けたポイントを振り返る

面接官として面接の場に臨む際に、「この方は合否悩む・・。」と思う方が度々いらっしゃいます。
今振り返っても、合格かどうかを悩む方でした。それは、少しの差でしかないのですが、入社以降の定着を考えた際にその時は残念ながらお見送りとさせていただきました。

もし、今後面接を受ける方がそのような少しの差によってお見送りとならないためにも、どのような点でその結果になったかを解説できればと思います。
※個人情報等を含む部分は記載せずにご説明します。

ちなみに、面接時にチェックしている立居振る舞いに関しては、こちらの記事を確認してください。

なお、先に伝えておきたい点として、採用見送りになったとしてもあまりにも悲観しすぎないようにしてください。
企業人事の側からこの言葉を伝えると、どうしても嫌味っぽく聞こえてしまったり、説得力がないように感じてしまうかもしれません。ただ、お見送りとなる際には、以下の部分のアンマッチであると判断しているのでその点はご理解いただきたいです。

【選考見送りの際の判断材料となる点】
・”現状の”企業フェーズとマッチしない
・現状のチームをさらに加速する人材を探そうと思った際の能力のズレ
・募集ポジションへの仕事理解の不足

上記の点において、ズレがあると判断した場合には残念ではありますが、不採用としています。その上で、本当に過去の面接で選考見送りとした方は以下のような方です。

経験は文句ないけれど、我が強すぎて柔軟さがなさそうだなって思った人

現状の組織構成を鑑みた際に、パワーアップではなく、内部での揉め事となってしまいそうと感じた場合です。

もちろん、能力が高ければ、適応力も同時に高いとも考えられますし、さまざまな視点を持つことは組織上強みになりますが、それが過剰となってしまっていると判断されるような”強気すぎる”発言が多いと、言葉は強いですが”危険因子”と判断されてしまいます。能力が高い分、相手(面接官)に合わせた適切な受け答えをしていただければ合格に近づきます。

その点を引き出せなかった面接官の能力不足もあったかもしれませんが、当時はそのように感じました。

未経験応募。意欲はあるけれど、夢ばかり語ってしまい、入社後の泥臭い仕事に耐えられなさそうと感じさせた人

「将来は・・をやりたいと思います。」「事業部長として活躍したいです。」

意欲はとても魅力的です。未経験から採用募集を出している場合、将来について述べて下さるのはとても良いことですが、注意が必要な点があります。それは、未来のことばかり語ってしまい、直近発生するであろう泥臭い仕事の理解がなさそうと感じさせてしまう恐れがあるということです。

入社当初は一見無駄のように感じる死仕事をすることもあるでしょうし、雑用的な仕事もあるということを理解して、順を追って話が出来ると合格につながると感じました。

「楽しそうだな」と思ったなどの”面白みだけ推し”の人

面白みを感じてくれるのは、会社としては非常にありがたく、魅力です。ただ、それ以上の回答がないと、いわゆる”ファン”で終わってしまいます。面白そうと感じるのはどのような点なのか、なぜ面白そうと感じるのかを話せるようにすることが大切です。

「昨今の情勢的に人気が出てきた職種だから」の一本槍

この回答は「マーケティング」や「IT」を志望していた方に多い回答です。コロナ禍において自分には手に色が大切だと考えることは良いですが、そこで回答が終わってしまうと、その他に情勢が運んだ職種に行ってしまうのでは?と感じさせてしまいます。流行り廃りではなく、その力を生かしてどう働きたいのかまで話せるようにしてください。

今、成長している会社で自分も成長したい

この回答は、自分なりの「成長」を言語化出来ていないという点と、環境依存型の回答ともみて取れる回答になってしまうためお見送りになってしまいます。成長している会社に入社しても、自ら動かねば、成長はできません。そのように誤った誤解を生む回答になってしまうので、これはもったいない回答です。

まとめ:相手との会話なので、適切な回答を行うことが鉄則

面接は力量と図るとか、こちら(面接官)が選ぶ立場とかではなく、互いに対等だと考えています。だからこそ、今のあなたを見せてほしいと思いますし、みたいと思っています。ここで列挙した方々は、残念ながらお見送りとしましたが、合格になっていてもおかしくなかった方々です。

面接を過度に考えすぎず、ぜひ良い結果を残してほしいです。